ミス・アースとは

国際的な環境意識の促進を訴えるため「ミスコンテスト」を効果的なツールとして取り入れた国際環境イベントです。

2001年に第一回世界大会がフィリピンで開催され、現在では参加国が90カ国を超える世界的なミスコンテストとして確立。

近年では【ミス・ユニバース】【ミス・インターナショナル】【ミス・ワールド】などと並び、世界4大ミスコンの一つと言われております。

「Beauties for a Cause」

地球を保護し回復させるために世界各国で環境保護活動の促進・啓蒙活動に邁進しているミスアースは、現在様々な国々へ広がりを見せており、まさに世界規模の美と環境の祭典へと成長を遂げています。

 

ミス・アース・ジャパンとは

日本はミスアース世界大会の開催年である2001年の第一回大会から参加。ミス・フレンドシップ受賞・ナショナルコスチューム優勝・総合TOP16入りなど、輝かしい成績を残しております。ミスアースの標題でもある「Beauties for a Cause」の実現と日本という国の魅力・美しさを世界に発信するべく毎年聡明で知性ある美しい女性を輩出している。また2017年度から、より多くの日本の魅力を伝えるため「地方創生」という新たな課題を掲げ、地方大会が開催されております。

ここまで出場した女性たちの多くが、モデルやアナウンサーとしても第一線で活躍しており、芸能業界からの注目度の高さもミス・アースの特徴の一つです。

 

ミス・アース・ジャパン埼玉のコンセプト

多彩な魅力と大きな発展を意味する「彩の国さいたま」。

トトロの森に代表される里山の風景を多く残し、社寺や農業を大切に守るこの国は、

アニメやスポーツ、観光も人気があり注目を集めています。

豊かな環境と近代文化の融合といった温故知新の精神をもった女性を募集しています。

ミス・アースのタイトル

世界大会の順位には、優勝のミス・アースのほかに、第2位のミス・エア(空)第3位のミス・ウォーター(水)第4位のミス・ファイヤー(火)があり、地球が持つ空気と水と火のエネルギーの大切さを訴えたものとなっています。世界大会に出場した代表者たちはそれぞれの国に戻り、自然環境のボランティアや、イベントなどに出演し、オピニオンリーダーとして環境保護の大切さを啓蒙しています。

ミス・アースの活動

ミス・アースは、河川清掃や植樹活動、また様々な環境イベントでの講演など、年間を通して様々なボランティア活動に参加します。地域の参加者とともに、美しい地球を守るため、その活動を通して自然環境保護の啓蒙活動を行っています。